TOP

家族

人間が個人的に健康であり、健康を将来も維持することは、その人自身のためだけでなく、社会全体のためにも大きな意味を持ち利益を得る。

言い換えれば、社会はその発展と利益のために、各個人が十分な健康を維持できるように努める義務と責任を持つものである。

したがって、社会はメンバーの健康を診断し、異常がある場合には、治療するように行い、異常がない場合には、その状態を維持するようにしたり、さらに増進させるようにして、将来に異常が発生しないように予防的措置を講じなければならない。

健康管理とは、そのような機構として行う一連の活動である。会社や工場では、従業員の病気が生産能力に影響を与えるので、その予防措置として、従業員の健康を管理しており、国は、そのような産業に対して、労働基準法に基づき、指導·監督を行い、健全な国民を育成するため、学校の生徒·児童の健康を管理している。

社会福祉の向上に応じて、将来的には幼児妊婦、更には全国民がこのような機構として、定期的な健康診断を受け、身体計測値·栄養状態·ツベルクリン反応·胸部Ⅹ線検査·血圧他の病気以上が把握記録され、過去と現在の健康状態が観察され、必要な場合には、様々なアドバイス·注意を与え、措置がとられるべきである。

健康管理は、病気の早期発見·健康相談·予防接種·衛生教育·生活環境の整備など予防医学の実践ということを認識されてきたが、健康異常者の回復と社会への適応などの治療薬の活動でもあるとの見方が有力となっている。

予防の観点から病気になる前に、定期的な検査を受けて病気の早期発見と早期治療が有効であることは当然である。

出典:TestWorld検査の解説